ウォーターサーバーの水はRO水と天然水どっちがいいの?

ウォーターサーバーのサイトで必ず見かける「RO水」と「天然水」の文字。

この2つは、いったいどのような違いがあるのでしょうか?

R O水の特徴とメリット

RO水とは、RO(Reverse Osmosis Membrane)膜というフィルターを通して、不純物を除去した水のこと。

0.0001ミクロンの超微細孔フィルターであるR O膜を通してダイオキシンや環境ホルモンを除去し、“きれいな水”に仕上がった水がR O水です。

しかし、RO水は不純物と同時においしさの源であるミネラルも一緒に除去してしまうので、そのままではあまりおいしい水とは言えません。

そのため、完成したR O水にミネラルを添加しているメーカーも多いのです。

R O水は天然水と違い人工的につくれるので、低価格できれいな水を飲みたい人におすすめ。「人工的」と聞くと抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、徹底的に不純物を取り除いた水を安価で摂取できるのは、R O水の大きなメリットと言えるでしょう。

 

天然水の特徴とメリット

ペットボトル飲料としてさまざまなメーカーから発売されている「天然水」。その名の通り、物理的・化学的処理を行っていない、特定の水源で採水された地下水のことを言います。

「天然水」と聞くと、人の手が加えられていない自然そのままの水をイメージされる人も多いかもしれません。しかし、ウォーターサーバーやペットボトル飲料の天然水は安全に飲めるようにろ過・加熱殺菌等の処理を行い、不純物を排除しているものがほとんどです。

日本で有名な天然水の採水地としては、ミネラルの一種である「バナジウム」が豊富に含まれる水が採取できる富士山や、健康や美容に効果があるとされている「シリカ」「バナジウム」を含む水が有名な大分県の日田が挙げられます。

天然水は自然から生まれたきれいな水であり、採水地によって味や含まれる成分が違うため、自分好みの味や成分にこだわりたい人におすすめの水です。

 

R O水と天然水どちらがおすすめ?

「R O水と天然水、どちらのウォーターサーバーを購入しようか迷っている」「RO水と天然水はどちらが安全?」なんてお悩みを抱えている人も多いはず。

結論から言うと、安全性はどちらもほぼ変わりません。

強いていえば、天然水は採水地の土壌が汚染されると採水する地下水まで汚染される可能性がありますが、製品として販売される過程で適切な検査や処理が行われるので、安全性を疑う必要はほぼないと言えるでしょう。

コストの面では天然水よりもRO水の方が安価なので、コスパ重視の人はRO水、成分や味にこだわりがある人は天然水を選ぶ傾向にあります。

最近では、お試し期間で気軽に試せるウォーターサーバーがたくさんあるので、RO水と天然水を実際に飲み比べてみるのもおすすめですよ。